リバースピールで肝斑治療!

2019/2/2

みなさん、こんにちは!

今回は新しく導入したピーリング治療の

「リバースピール」

についてご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

大人気マッサージピールと同じラインから出ているリバースピール。

 

何に効果

があるのかといいますと・・・

肝斑です。

 

みなさんは

肝斑について

詳しく知っていますか?

シミと間違えてしまったり、混在していることも多々あります。

 

肝斑の特徴は

・頬骨のあたりや額、口の周辺などに左右対称性に現れる

・輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲にもやっと広がっている

・目の周囲にはできず、色が抜けたように見えることもある

 

肝斑ができやすいのは

肝斑は30~40歳代に発症することが多く、女性ホルモンのバランスの乱れが原因と言われています。

ストレスによってホルモンバランスが乱れ、症状を悪化させることもあります。

また、物理的な刺激も悪化させる原因と言われています。

 

肝斑の治療

シミに対しての治療といえば、レーザー治療が思い浮かぶと思います。

しかし、

肝斑はレーザーを当ててしまうと

その刺激が原因で

悪化させてしまう可能性があるのです。

そのため、

いままで肝斑の治療といえば、

トラネキサム酸による内服治療や、

美白化粧品によるホームケアが主流でした。

 

しかし、

今回当院は

肝斑治療を目的とした「リバースピール」を

導入しました。

 

リバースピールはどのような治療

か説明いたします。

3種類のピーリング剤を使用します。

①トリクロロ酢酸、過酸化水素、コウジ酸を配合したマッサージピール

過酸化水素によりメラニンを酸化させた後にコウジ酸による美白作用がはたらきます。

また、トリクロロ酢酸が浸透性を高めることで、過酸化水素・コウジ酸ともに真皮の深層まで浸透させます。

 

②高濃度の乳酸・フィチン酸

高濃度の乳酸で表皮のピーリングを行い、表皮深部に存在するメラニンを攻撃。

フィチン酸はメラニン生成に関係する鉄分をキレート化させます。

 

③多種の混合ヒドロキシ酸とコウジ酸・フィチン酸

多種の混合ヒドロキシ酸により表皮層をピーリングします。そこにコウジ酸が美白作用を発揮します。

 

アフターケアには

美白美容液もございます。

皮膚の色素過剰を阻止、予防するために処方された美容液が「リバースセラム」です。

トラネキサム酸やペプチドなど美白に効果的な成分がたくさん含まれています。

肝斑治療中はもちろん、予防目的のメンテナンスとしてもご使用いただけるため、

こちらもリバースピールと合わせておすすめしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リバースピールはマッサージピールのオプションとして受けることができます。

先日、厚子院長も受けられましたが、

 

施術後には

お肌がトーンUPしており、ツヤ・ハリともにUPしていました!

 

施術ペースとしては

、2週間おきに5回以上受けられることをおすすめしています。

肝斑だけではなく、色素沈着などにも効果があるため、お悩みの方は一度ご相談ください。

 

お問合せおまちしております。