理想の横顔をあなたのものに。

2020/8/20

みなさんこんにちは。

突然ですが、自分の横顔をご覧になってことはありますか?

不意に撮られたお写真などでしか見ることのできない自分の横顔。しかし人からは意外と見られています。

そしてその横顔の美しさの指標となるのがEラインと呼ばれるものです。

 

1954年アメリカの矯正歯科医のロバート・リケッツ氏は美の基準の一つとして

このEラインの線上や内側に唇が納まっている横顔が美しいと提唱しました。

Eラインとは横顔の鼻先と下あご先端部を直線で結んだラインのことを言います。

 

横から見て、人差し指を鼻先と顎先にまっすぐ付けたとき、唇が人差し指に付かない、

もしくは少し触れる程度の状態が理想のEラインであると言われています。

 

重要になってくるのは鼻の高さと顎の高さです。今回は顎の高さに着目してお話いたします。

骨格上、顎が小さい方や、顎より口が出ているように見える方は、顎に高さを出すことでEラインが整います。

ではどのようにして顎に高さを出すのでしょうか?

ズバリ、ヒアルロン酸注入治療です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容外科クリニックではプロテーゼを入れるなどの方法もありますが、

ダウンタイムも痛みも生じてしまいます。

そんな中、ヒアルロン酸注入療法は手軽にお試しいただける治療になります。

 

顎に注入するヒアルロン酸は型崩れしにくい、硬めのものを使用します。

ヒアルロン酸は元々、人の体内にある物質であるため、自然な仕上がりになります。

顎にヒアルロン酸を注入し、高さが出てシャープになることでEラインが整います。

 

また、Eラインが整うことでお顔にメリハリがつき、立体的なお顔になります。

皆様も、メイクをするときにシェーディングやハイライトを入れてお顔に立体感を出しますよね?

それと同じ効果がEラインを整えられることで得られるのです。よって、横顔だけでなく、

正面からお顔を見たときに小顔に、くっきりした顔立ちに見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒアルロン酸注入治療は、針を使用して注入していきます。多少のお痛みはありますが、

ご希望の方には麻酔クリームの使用もできますので、ご安心ください。

ダウンタイムとしては軽度の腫れと針を刺した箇所に内出血が出る可能性があります。

 

ヒアルロン酸治療と聞くと、”怖い”と思われる方もいるかと思いますが、

性質上、永遠に残るものではありません。

1年~1年半程かけて少しずつ吸収されていきます。

そのため、放っておけばなくなりますし、

薬剤を使用して溶かすこともできますので、少しでも気になる方は一度ご相談いただければと思います。