【夏までに】ボディの黒ずみ、ゴワつきを撃退~前編~

2020/5/21

みなさん、こんにちは!

春らしく、暖かい日も増えてきましたね。

日中は半袖で遊ぶ子ども達をよくみかけるようになりました。

あっという間に、薄着の季節がやってきますね。

 

ところでみなさん、ボディのメンテナンスはきちんとされていますか?

半袖だとバッチリ見える

自分では見えにくい場所だし意外とノーチェックな

気になってはいたけど放置しているお尻の黒ずみ。

 

隠れている部分は、つい手を抜きがちですが

夏になって、慌てないために今からケア始めませんか??

 

ということで、今回は

ボディの黒ずみやゴワつきの原因と改善法

をご紹介致します!

 

黒ずみやゴワつきはなぜできるのでしょうか?

その原因は、いくつかあります。

①メラニンの生成

代表的な原因がメラニンによるものです。

メラニンにはマイナスなイメージがありますが、実は肌内部を守るという大切な役割もあります。

例えば、下着や洋服の摩擦、乾燥、肘や膝をついたり、座りっぱなしでお尻がイスでやすれたり、、

思い当たることもありますよね。

このような刺激から守ろうと、メラニンを生成し角質層を厚くします。

これが繰り返し起こり、蓄積されることで黒ずんだりごわついたりするのです。

 

②ターンオーバーの乱れ

肌には約28日かけて生まれ変わるターンオーバー機能があります。

しかし、乾燥や加齢などによりその周期は乱れてしまいます。

ターンオーバーが乱れると古い角質が剥がれ落ちる肌に残るので黒ずみへとつながります

 

③ホルモンバランスの乱れ

黒ずみは外的要因によるものだけではありません。

ホルモンバランスの乱れによっても黒ずみを感じることがあります。

ホルモンバランスが乱れると基礎代謝が下がり血行も悪くなり全身が冷えます。

それにより、くすみや黒ずみを感じるようになるのです。

これらが原因となり、ボディは黒ずんだりゴワついたりするんです。

 

 

 

 

 

確かに肘や膝をついたりと、肘と膝は体の中でも刺激を受けやすいところですよね。。

でも、刺激を受けても黒ずみにくいパーツもありますよね?

一体何が違うんでしょうか。

答えは皮脂量の違いです。

そもそも肘と膝は比較的皮脂量が少ないパーツです。

皮脂や汗がほとんど出ず、潤いがないので、刺激に対してかなり弱い部位なのです。

それなのに、肘や膝をついたりすることで摩擦と圧力がかかり、ダメージを受けやすいと言えます。

 

それと見落としがちなパーツは背中です。

手が届きづらいパーツですので

手入れ不足により角質が厚くなり、毛穴がふさがって、ざらついた状態になりがちです。

 

ボディの黒ずみや、ゴワつきの原因はご理解いただけましたか?

次回は黒ずみやゴワつきの改善方法や予防方法についてご紹介させて頂きます。

お悩みの方はぜひ一度ご相談下さいね!