トラブル知らずのお肌へ

2021/3/29

もう季節は春
日中はポカポカと暖かく過ごしやすくて気持ちが良いですね。
しかし外に出る機会が増えてうっかり日焼けや
花粉や寒暖差などが原因で
この時期は肌トラブルが急増します。

今日はこんな季節や環境に左右されない
肌トラブル知らずになるためのスキンケアポイントをご紹介いたします。

まずは
美肌最大ポイント
お肌のターンオーバーについて
ターンオーバーとは
表皮や角層で起こる細胞の生まれ代わりをいいます。

ターンオーバーを繰り返すことで
健康的な肌を維持することができるのですが、
肌トラブルを起こしている方は
このターンオーバーが乱れていることも多く、
そのためにバリア機能が低下し、外敵刺激を受けやすくニキビや肌荒れをおこす敏感肌の要因となっています。

このターンオーバーの周期は歳をとるとともに遅くなるもので、そのイメージからか
ターンオーバーが乱れている=遅くなっている
と考えがちなのですが、
実はターンオーバーは早すぎても
肌に影響を与えてしまうのです。

ターンオーバーが早すぎると…
未成熟な細胞がどんどん生まれて
角質層が十分に作られないまま皮膚の表面に押し上げられてしまう為
バリア機能は低下、
水分を抱え込む働きも低下し乾燥や肌荒れをおこしやすくなります。

ターンオーバーを早めてしまう原因として
・洗浄力の強い洗顔を使用する
・洗顔時の過度な摩擦
・角質除去作用のあるものを日常的に使用する
・紫外線、ストレス、睡眠不足などや
最近のブームでもあるレチノールもその原因の一つ。

レチノールはターンオーバーを促進して表皮を厚くし角質層を薄くするので、ニキビが早く治ったり、シミが薄くなったり肌質改善効果があり、正しく使用すれば美肌へ導くのですが…
使い方を間違えれば、敏感肌へなりかねないので必ず決められた使用方法で注意して使いましょう。

このコロナ禍スキンケアブームでもあり
SNS情報から色々と取り入れてお手入れされている方がとても多いです。

なのに肌質がなかなか良くならない、
なんか最近敏感になっている等とお悩みの方 もちらほら。
そんな方は一度守りのスキンケアにしてみましょう

オススメする守りのスキンケアとは
持田製薬から販売されているコラージュリペアシリーズ
表皮の角層にある潤い成分セラミドは水分を抱え込む働きがあるのですが
このセラミドが足りないと
角層に隙間ができて、
微生物やアレルゲン等の刺激が入り込み
肌荒れがおこりやすくなります。

コラージュリペアシリーズは
セラミドに着目された商品で肌に潤いを保ち、バリア機能を向上することで

“カサつき、肌あれにふりまわされない”
揺るがない肌へと導きます。
お手入れを色々としているけど、環境変化で肌あれをしやすい、ニキビができやすいなどとお悩みの方はスキンケアを一旦見直してみてはいかがでしょうか。

ヤナガワクリニックでは
他にも守りのスキンケア商品沢山揃ってますので、お気軽にご相談ください♪