あなたのそのシミ撃退しませんか??

2021/1/7

明けましておめでとうございます。
厳しい寒さで風邪など引いていませんか?
昨年はコロナの影響で、一年中マスクが外せない年になりましたが、今年もマスクは必須ですよね。
そんな、ダウンタイムが取れる時期、毎年恒例のシミ撃退治療を受けてみませんか?

シミ撃退治療とは??

先生が照射可能なシミを選んで、ALEXレーザー(Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー)を照射していきます。
ALEXレーザーとは、スポット式のシミ取りレーザーで、全顔に照射する光治療(フォト)とは違い、シミの部分にだけ照射します。
パチパチという音と、輪ゴムで弾かれたような痛みがありますが、保冷剤で十分冷やしながら照射していきます。

照射直後からヒリヒリ痛みが出てきますが、30分~1時間ほどすると痛みはし自然に消えていきます👍
お顔全体のシミ照射や、痛みが不安な方はクリームの麻酔を塗ってから照射することも可能です🙆
照射直後は白くなり、次第に赤みから茶色くカサブタ状に変化していきます。
照射後は軟膏塗布し、テープで保護をします。

2週間はテープを貼っていただきます。テープの上から洗顔もしていただきます。
もし途中、自然にはがれたら処方した軟膏を塗ってテープで保護してくださいね!
カサブタも爪で剥がしたくなりますが絶対にダメ❌です🙅

二週間後に検診があり、その時までテープ保護が基本です。
その時点でカサブタが残っている場合は継続してテープを貼っていただくことがあります。

自然にカサブタ(シミ)が剥がれ落ちたら、新しい皮膚ができてきますので擦らず刺激は避け、UVケアはしっかり行ってくださいね☀️
また、お肌状態によっては美白剤(メラフェード・ゼオスキン・シスペラ等)を開始していただく場合があります。

レーザー治療後、一ヶ月程経過した頃に一時的に照射した部分が濃くなることがあります。
「シミ取りしたのによけいに濃くなった気がする」と心配される方がいらっしゃいますが、これはレーザー後の炎症性色素沈着といいます。
一旦濃くなった部分は数ヶ月かけて徐々に薄くなりますのでご安心を。

その時に力を発揮してくれるのが、内服薬のトランサミンです。トランサミンは肝斑のお薬というイメージが強いですが、炎症を抑えて色素沈着を薄くしてくれる効果もあります!

レーザー治療を希望される方は、先生の診察でレーザー治療前からトランサミンを処方させていただく場合がございます。
保険での処方となりますので、保険証のご持参をお忘れなく。

当院では、その他のシミ治療・美白治療も豊富です✨
ライフスタイル、ダウンタイムの経過など、一人一人に合わせて、ご提案させていただきますので気軽にご相談ください!!

シミ治療に最適な季節です☃️
ダウンタイムが取れる時期に今のうちにシミを撃退しましょう‼️