冬の間にケアしておきたい(後編)

2020/12/21

みなさん、こんにちは。
後編では、前回ご説明いたしましたシミ治療方法についてご紹介いたします。

前編でもお伝えしましたがシミは4種類それぞれ症状や起こりうる年齢、シミの特徴などが異なります。しかし、それぞれ共通していえることは紫外線が原因で起こるということなのです。

そのため、どのような種類のシミであっても紫外線ケアをすることはとても大切なことだといえます。
また、シミの種類によって治療法も異なってきます。

例えば、肝斑においてはレーザー治療では効果があまり見られないとされています。肝斑の場合はレーザー照射をすることで逆に肝斑が強くなってしまうこともあります。当院では肝斑に対しては内服薬やドクターズコスメをオススメさせていただいております。
その他の種類のシミに関してはレーザー治療や肝斑治療同様、内服薬やドクターズコスメでも効果が見られます。

また、気づかないうちに摩擦をあたえてしまいシミができてしまっているなんて方もいらっしゃるかもしれません。洗顔方法ひとつとってもゴシゴシ洗顔はお肌によくありません。

当院では洗顔方法も院長自らカウンセリングの際に患者様にどのくらいの強さで洗顔されていますか?など質問されることもあります。それくらい洗顔方法は大切で老化の原因の1つになります。当院では院長監修の元、開発された炭酸美容液で洗う洗顔料も販売しております。
オンラインショップでもご購入いただけますので、気になる方はお気軽にお買い求め下さい。

また当院では、美白フォトフェイシャルも行っております。
機械はヴィーナスベルサという機械を使用しております。ヴィーナスベルサはIPLという光を用いて行う美白フォトフェイシャルになります。シミやそばかすのみではなく、たるみや小ジワ、ニキビ、赤ら顔、毛穴の開きなどを同時に改善してくれるすぐれものです。IPLの光をあてることによって肌の表面にダメージを与えることなく、メラニン(シミ等)が分解され、同時に細胞が活性化され、ハリ・ツヤのあるきめの整った肌になります。

照射直後は少し赤みが出る事がありますが、数時間〜翌日までには落ち着きます。また、フォトフェイシャルは黒いものに反応しますので、しみ部分が反応し、カサブタになる場合もあります。数日後にはカサブタになり、洗顔しているときにポロポロとカサブタが取れていくのがわかります。治療後すぐ洗顔やメイクすることも可能です。

ドクターズコスメでは、最近よくSNSでも人気のゼオスキンシリーズも当院取り扱っております。皮めくれがすごいイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。しかし、ゼオスキンも使い方によってはもっとマイルドに治療していくことも可能なんです。

先程説明いたしましたレーザー治療はクリニックにご来院していただき、直接治療を行いますが、内服薬はオンライン診療でも処方させていただくことが可能です。お気軽にオンライン診療もご利用下さいませ。

今だからできるシミ治療。
ご自身のシミがどのようなシミなのか、またどのような治療に合っているのか、詳しくお伝えいたします。
お気軽にお問い合わせ下さい。
院長・スタッフとも心よりお待ちしております。