自分のスキンタイプを知っていますか?~後編~

2020/9/25

みなさん、こんにちは!

前回はスキンタイプについて紹介させていただきました。

前回ブログ→自分のスキンタイプを知っていますか?~前編~

 

今回は

スキンタイプの違いによる施術

スキンタイプが違えば、クリニックで行う施術にも違いが出てきます。

例えば、ヤナガワクリニックでは夏の紫外線の強い時期のシミへのレーザー治療やフォトフェイシャルなどは

基本的には、あまりおすすめしません。

せっかく治療してもシミの部分に紫外線を浴びてしまうとシミが再発してしまったり

元のシミよりも濃く炎症してしまったりする可能性があるからです。

 

ご要望の多い、シミへのレーザー治療やフォトフェイシャルのスタート時期は秋ごろからおすすめしていますが、

厳密には患者様によってスキンタイプが異なるからです。

 

 

 

 

 

 

前回も説明させていただきましたがスキンタイプの数字が小さい人よりも大きい人の方が

炎症性色素沈着が起こりやすい傾向があると言われていますので、

あつこ院長は患者様1人1人のスキンタイプを見極め、治療を開始できる時期を判断しています。

 

だからといって、夏の紫外線の強い時期はなにもケアできないわけではありません!

秋からの本格的な治療に向けて下準備をする期間です。

下準備をきちんと行い、お肌のベースを整ておくことで

レーザー照射後の炎症性色素沈着を最小限に抑える事が出来ます。

 

ご自宅で出来る下準備としては、

ビタミン剤やトラネキサム酸などのお薬の内服

ホームケア用のお化粧の使用です。

もちろん日頃から日焼け止めなどで紫外線対策を行うことも必須です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリニックでできるケアで何点か施術を紹介させていただくと、

マッサージピールお肌のターンオーバーを整えて、お肌を全体的にトーンアップさせたり、

ビタミントリートメントで今のうちから紫外線ダメージのケアをするのもおすすめです

 

マッサージピールについては

    こちら→細胞レベルで作用する?《世界初のピーリング》

ビタミントリートメントについては

    こちら→ビタミンAってどんな役割があるかご存じですか?~前編~

        ビタミンAってどんな役割があるかご存じですか?~後編~

 

もしくは春夏のうちにしわやたるみ治療をしておき、秋冬にシミ治療を行うなど

今この瞬間のお悩みだけでなく長い目で治療計画を立てる事もおすすめです。

 

何から始めたら良いかわからない!という方は、

患者様一人一人に合わせた治療計画をご提案しますので

まずはご相談下さいね。

 

自分のスキンタイプにあった適切なケアを行いましょう!