毛穴のタイプに合ったお手入れを

2020/7/1

暖かい日が増えてくると皮脂によるメイク崩れやテカリ、毛穴の開き

気になってくる方も多くなってくる頃かと思います。

 

毛穴にはいくつかの種類があるのはご存じでしょうか。

毛穴の開きには、毛穴の場所や開く原因、肌質などによって違いがあります。

相手を知らなければ、正しく対処することができません!

まずは毛穴について理解しましょう。

 

<たるみ毛穴(肌色毛穴)>

頬に多く見られる縦長のしずくのように垂れ下がった形の毛穴のことを言います。

主に加齢によって、真皮のコラーゲンやエラスチンが減少し、

肌のハリや弾力が失われ、たるむことで目立つようになった毛穴です。

20代後半以降にみられることが多い。

おすすめの施術はこちら→トリプルリフトアップペンシルリフトリフトアップリファーム

 

<詰まり毛穴>

・白毛穴

皮脂の分泌量が増加することで、皮脂を排出する出口である毛穴を広げ、詰まっている状態です。

・黒毛穴

皮脂が酸化によって黒ずみ、硬くなり毛穴に栓をしている状態で鼻や額に多く見られます。

・赤毛穴

皮脂によって肌が炎症を起こし、赤みが発生した状態です。

脂性肌で小鼻のきわや頬に赤みがある場合、酸化した皮脂が炎症の原因になっていることもあります。

 

<ニキビ毛穴(クレーター)>

ニキビが悪化すると、ニキビが治っても痕が残り、毛穴は開いたままになってしまったようにみえることがあります。

ニキビの炎症が強いと、周囲の皮膚にもダメージを与えてしまい、クレーターになる原因にもなります。

おすすめの施術はこちら→ビバーチェダーマペン

 

<産毛>

この他にも産毛により毛穴が黒ずんで見えることもあります。

おすすめの施術はこちら→脱毛

 

毛穴にはいろいろな種類がありますね。

その中でも今回

詰まり毛穴」

について詳しく説明していきます。

 

通常、正常に分泌された皮脂は、体温によって液化して広がります。

ところが、何らかの理由で皮脂が余分に分泌されたり、

皮膚の新陳代謝によってはがれ落ちるはずの角質が

残ってしまったりすると、毛穴が詰まってしまいます。

皮脂がスムーズに排出されないと角栓となり、

そして、そのままにしていると空気に触れている表面の部分が酸化して黒ずんだり、

毛穴で菌が繁殖してニキビや吹き出物ができたりします。

 

毛穴詰まりの主な原因は、

◎皮脂の過剰分泌・・・過剰な洗顔・皮脂除去が原因

◎メイクの落とし残し・・・メイクの洗い残しや洗顔料が合っていない

◎ターンオーバーの乱れ・・・紫外線、乾燥、ストレス、加齢など

 

詰まり毛穴が気になる方にはヤナガワクリニックでは

ソフトピーリング「ハイドラフェイシャル」をおすすめします!

◎ケミカルピーリング

◎マイクロダーマアブレーション(物理的研磨)

◎美容成分導入

が同時に行える優れものです!!!

水流によって、皮脂や汚れを浮き上がらせ、角質をとりながら肌に有効成分を浸透させていきます。

水流で行うので肌にやさしく、従来のピーリング治療で起こりやすかった乾燥や赤い、

肌荒れなどのリスクを大幅に軽減してくれます。施術後はツルツルもちもちとした感触が得られます。

余分な皮脂や古い角質を取り除くことで、お肌のトーンも明るくなります

1度でも効果を実感することができ、施術後、除去した汚れを見ることができるため、みなさま汚れに驚かれます。

当院で大変人気な施術です。

詳しくはこちら。

 

毛の汚れや、ザラつきにお悩みの方は、ぜひご相談くださいませ。