始めてますか?春の紫外線ケア~前編~

2020/4/11

今年は暖かい日が多く春の訪れが早かったですね。

3月上旬から3週間ほど毎日約2時間、河川敷で娘がトレーニングをしていました。

気が付くと日焼けしていてびっくりしました…。

まだ肌寒く3月だったので、日焼け止めクリームを使うように言っていなかったのです。

(自分は日焼け止めクリームを使用していたのですが…)。

娘には油断していました。恐るべし春の紫外線…

 

そこで今回は春の紫外線についてお話させていただきます。

ご存じの方も多いかとは思いますが、まずは紫外線についておさらいしますね。

 

紫外線の種類は3つ

「UV-A(紫外線A波)」「UV-B(紫外線B波)」「UV-C(紫外線C波)」す。

オゾン層を通過しない「UV-C」は体に影響がないと言われています。

私達のからだに影響があるのは、「UV-A(紫外線A波)」「UV-B(紫外線B波)」

の2種類です。それぞれの違いを詳しく説明しますね。

 

UV-A(紫外線A波)

UV-Aは、赤くなったりしないため、すぐには肌に影響がなく

肌が日焼けすることは少ないですが、シミやシワに大きく関係してきます。

波長が長く、肌の奥深くまで浸透するためです。

UV-Aは肌の奥の真皮層まで到達し、

お肌のハリや弾力のもととなる細胞組織を破壊し、メラニン色素を増やします。

そうすることによりシミの原因を作るなど、老化現象につながる言われています。

長い時間をかけて、気づかない間に肌にダメージを及ぼしてしまいます。

しかもUV-Aは、オゾン層を通り抜けやすく、常にUV-Bの20倍以上も地上に届いているようです。

雲や窓ガラスまでも通り抜けやすく、曇りの日でも日当たりがよい家の中では、

紫外線対策をする必要があります。

 

UV-B(紫外線B波)

日焼けの主な原因になるのが、UV-Bで、

長い時間、日光を浴びると、肌が真っ赤になったり、水膨れになったりします

肌が黒くなる、いわゆる「日焼け」を引き起こします。

エネルギーが強いため、肌表面の細胞を傷付けたり、炎症を引き起こすため、

皮膚病やシミになる可能性が高くなります

波長が短いのでUV-Aに比べると、

オゾン層や雲に邪魔されて、地上に届く量は約10%と少ないです。

日焼け止めクリームや帽子・日傘など

UVケアをすることで極力直射日光に当たらないように気を付ければ、

ある程度対策することはできます!

 

 

 

 

 

 

 

春のUV-A量は真夏と変わらないとご存じでしょうか!?

春は日差しがまだ弱いと感じますよね。

UVケアは必要ないかもと思うかも知れませんが、5月には真夏と変わらない量になります。

 

 

 

 

 

 

 

図.2016年年日 最大UVインデックス月間平均値(観測点:つくば)

(出典:気象庁観測の日最大UVインデックスデータより)

 

気付かないうちに日焼けしてしまわないように、

そして肌の老化を進めないためにも春からしっかりとUVケアをしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

後編では春からのUVケアについてご紹介します。

気になることがございましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。