話題の新導入ピーリング治療!ミラノリピール

2019/8/27

みなさん、こんにちは!

 

ヤナガワクリニックではもちろん、雑誌でも何度も取り上げられ

大人気の「マッサージピール」はもうご存知ですよね。

 

今までは肌表面の表皮に作用し、古い角質を剥がしていくようなピーリングが主流でしたが

マッサージピールは、表層ではなく真皮深層に直接働きかけ、

コラーゲンの生成を強力に促進する新しいコンセプトのピーリングです!

 

即時性にも優れていますので、施術直後からお肌に弾力を感じ、

リフトアップ感、ツヤ感、くすみの改善を感じることができます。

加えて、コウジ酸による美白作用も期待できるのです!

過去のブログでもマッサージピールについて詳しく書いていますので

よろしければご覧くださいね。

→「細胞レベルで作用する?《世界初のピーリング》

→「大人気のマッサージピール!

 

さて、今回はそんな大人気のマッサージピールと同じ

トリクロロ酢酸(TCA)等を使用した最新のピーリング

「ミラノ・リピール」のご紹介です!

 

ミラノ・リピールは

5種類の酸(トリクロロ酢酸、ラクトビオン酸、サリチル酸、酒石酸、クエン酸)に加え、

保湿成分のスクワラン、ビタミンB、C、GABA、アルギニンなどの成分がお肌に作用し

Ⅲ型コラーゲンを増やして、エラスチンやヒアルロン酸を作る手助けをします。

 

特徴として、コラーゲンブースター作用があり、皮膚の剥離作用を起こすことなく

皮膚のより深層にある真皮深層に働きかけ、

表皮再生を活性化させコラーゲンの生成を強力に促進することができるピーリングです。

 

ミラノ・リピールの製剤はブルーとイエローの2層に分かれていて

親油相(ブルー相)親水相(イエロー相)の9つもの働きがお肌に作用します!

 

 

 

 

 

 

 

 

マッサージピールと同じく、直後から肌の弾力や、

リフトアップ感、ツヤ感、くすみの改善を感じることができます。

 

マッサージピールとの違いですが、

トリクロロ酢酸の濃度が、顔用が35%、 ボディ用が50%とマッサージピールより高いのですが

特殊な製法により、赤みが出にくく、刺激が少ないことが特徴です!

個人差がありますが、ミラノ・リピールのほうが皮むけする印象です。

 

ミラノ・リピールはボディ用のご準備があるので

実際に、背中でミラノ・リピールを体感してみました。

TCAが50%と、顔に比べるとかなり高濃度ではありますが、

ピリピリ感がほとんどなくて驚きました!

施術中に赤みが少し出ましたが、施術後に冷やしてもらうとすぐに落ち着きました。

 

施術から3日後に乾燥を感じ、

4日目から7日目位までボロボロとかなり皮むけしましたが

場所が背中だったので日常生活に支障はありませんし、特に気になりませんでした。

 

皮むけが終わったあとは、ツヤツヤピカピカで

「背中キレイけど、何かしたの?」と聞かれるほどでした。

 

ボディ用では、おしりやヒザ、ヒジ、ワキの皮膚の黒ずみやゴワつきが気になる方、

小じわが気になる手の甲などにハリ・ツヤを出したい方、

肩や背中のお手入れをしたい方にもおすすめです!

 

ぜひ1度お試しくださいませ。

お問合せお待ちしております。