お顔のたるみ、気になりますか?

2019/4/12

みなさん、こんにちは!

毎日鏡を見て、ご自身のお顔を見るかと思います。

最近なんか顏が疲れて見えるな・・・

老けて見えるな・・・

そう感じたことはありませんか?

そのように見える原因はお顔のたるみにあると考えられます。

 

たるみの原因

どうしてたるみが生じるのでしょうか?

まず、大きくたるみと関係するのは「コラーゲン」

みなさんもコラーゲンが大切ということはご存知かと思います。

コラーゲンとは

真皮層に存在する、お肌のハリと弾力の元となる線維です。

年齢が若いうちは順調にコラーゲンを生み出してくれますが、

年齢とともに産生能力が衰え、コラーゲンが減少。

それに伴ってハリや弾力がなくなっていきます。

ハリや弾力を失ったお肌は重力に逆らえず、たるんでいってしまうのです。

 

姿勢も影響

また、最近ではスマートフォンを見る時間が非常に増えてきていますよね。

スマホを見るとき、背中を丸めた状態でうつむいていませんか?

本来の正しい姿勢は、身体の中心に頭が乗っているため、お顔の重さも体が支えてくれます。

しかし、猫背の状態になると頭が重心よりも前に傾き、お顔の重さはそのまま重力に引っ張られます。

さらにお顔を下に向けていますから、結果としてお顔がたるみ、

首にもシワができてしまうということが起こります。

 

たるみの治療

たるみを解消したいけど、手術をするのは怖い、糸で治療するのもちょっと・・・

という方に

トリプルリフトアップという治療をご紹介します。

 

トリプルリフトアップとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな治療?

名前の通り、トリプルの層をターゲットに3つのレーザーを使用し治療を進めていきます。

それぞれのレーザーについては後で詳しく説明します。

アプローチするのは、筋膜(SMAS)、真皮、表皮の三層です。

トリプルリフトアップを照射することにより、コラーゲンが熱変性し、

収縮することによりリフトアップ効果を発揮します。

 

さらに長期的な効果としては、熱変性したコラーゲンが作り直される時に、

新しいコラーゲンが再生され、蘇り、たるみの改善、引き締め、リフトアップ効果が得られます。

 

 

 

 

 

治療効果は筋膜、真皮、表皮の3層に

➀筋膜リフト(ハイフ)

筋膜リフト(ハイフ)のすごいところは、筋膜(SMAS)にアプローチできるところです。

従来、筋膜は手術でしかアプローチできなかった深い層です。

どうして筋膜(SMAS)にアプローチすることがリフトアップにつながるかというと・・・

筋膜(SMAS)頭部から首までマスクのように顔全体を覆っており、

いかにそれを引き締め、引き上げるかがリフトアップのポイントになるからです。

その筋膜に高密度焦式超音波が到達することでコラーゲン産生をUP!

リフトアップ効果が期待できます。

 

➁真皮リフト(イントラジェン)

皮下2.5~3mm程度までの真皮層をターゲットとし、

高周波(RF)を格子状に照射し、エネルギーを与えます。

高周波が照射されるハンドピースが格子状に作られているため、表皮層へのダメージが少なく、

真皮層の中で熱が均等に効率よく広がるように設計されています。

熱が加えられることにより、真皮ではコラーゲンの増生が行われ、リフトアップが期待できます。

 

➂表皮リフト(イントラセル)

表皮から真皮上層へ熱をくわえ、コラーゲン線維のリモデリングと皮膚のターンオーバーを促進させます。

表皮に近い治療ですので、目元の小ジワ、毛穴の引き締め、肌のハリを改善させる治療です。

トリプルリフトアップは最小限の痛みで治療ができ、治療後は少し赤ら顔になる程度で、

気になるダウンタイムが2~3時間と短くすむところもおすすめです。

 

たるみや小ジワによって

・お顔が老けて見える
・疲れて見える
・たるみ予防をしたい
・手術や痛いのは苦手

という方にはとてもおすすめなトリプルリフトアップです!

 

気になる人はぜひ一度、ご相談ください!