エクオール作れてますか??

2017/6/6

本日大塚製薬さんに

エクエル

について

講習会をして頂きました。

テレビでも話題のエクオール

エクオールとは

大豆イソフラボン腸内細菌(エクオール産生菌)のチカラで変換されて生成される成分です。

食事から摂った大豆イソフラボン(ダイゼイン)は

腸から吸収されるのですが、

その時にダイゼインという成分のまま吸収される人と、

エクオールという成分として吸収される人がいます。

 

その違いは、

大豆イソフラボンからエクオールを作るための、エクオール産生菌が腸内細菌に十分いるかどうかによります。

 

 

(※エクオールの方がダイゼインより高いエストロゲン活性をさせます。

腸内細菌の状態によって、エクオールを大豆イソフラボンから作れる人と作れない人がいます。

日本人では2人に1人が作れないと言うデータがあります。)

 

つまり、

大豆イソフラボンからエクオールを作れないタイプの方は、

いくら大豆や豆腐や豆乳を摂取していも、エクオールにならないのです。

つまり、期待する、女性ホルモン様の働きをするという事にならないのです。

 

だけど、そんな方!!朗報です!!!

それを助けてくれるのがエクエルなのです!
大阪 心斎橋の美容皮膚科 ヤナガワクリニック

 

 

 

 

 

 

 

エクエルは

大豆と乳酸菌で作ったエクオールなのですが、

サプリメントとして直接摂取出来るのです。

腸内でエクオールを大豆イソフラボンから作れない方でも、

出来上がったエクオールを摂取することができます。

 

エクオールは

その構造が女性ホルモン(エストロゲン)に似ていることから

女性ホルモンと同じ様な

更年期症状の緩和や

骨密度の維持に対する効果が知られています

 

食品からのエクオール摂取量が多いほど

日本人女性の乳がん や

脳梗塞

心筋梗塞

リスクが低下するというデータがあります。

 

月経前症候群(PMS)や、

生理前の吹き出物

肌荒れが気になるという方も

エクオールを摂取することで症状の緩和が期待できるそうです。

 

大豆や大豆製品、納豆や豆腐や、豆乳を頑張って摂っておられる方、

エクオールが作れていなければ

残念ながら、効果は期待できないかもしれないですよ。

 

講習を受けて私もすぐにエクエルを摂取せねば!!と思いました。

 

 

お問い合わせはこちらまでどうぞ↓

メールでのお問い合わせはこちら

 

エクオールが作れるのか

作れないのかそのどちらのタイプなのか

調べる検査があります。

SOYcheck

 

 

 

 

 

 

 

尿検査なので、手軽にできます。

 

問い合わせ・ご予約は
大阪 心斎橋 美容皮膚科
ヤナガワクリニック
06-6809-3368