夏バテ対策をして梅雨の時期を元気に過ごす対策 漢方

2018/6/27

夏バテ対策をして梅雨の時期を元気に過ごす対策

漢方

 

水曜日担当の長谷川です。

 

6月に梅雨入りして、雨が降っても肌ざむいこともありましたが、

6月末頃から急激に気温が上がり、

なんとなくだるく感じておられる方が増えたようです。

 

夏バテは夏の暑い盛りにも気をつけないといけませんが、

急激に気温が変化したとき、

なかなか体が対応していないとしんどいものです。

 

梅雨の時期の夏バテは、

急な気温の変化と湿気と低気圧とにより、

自律神経の乱れやだるさ、

ふらつき、めまい、頭痛などを

きたしやすくなる時期といえます。

 

熱中症や汗をかくと脱水症になりやすいので、

水分の摂取には注意が必要ですが、

湿度が高く、まだ体が汗をかくのになれていない状態で、

むやみに水分摂取をしすぎると、

水分の排出とのバランスで

よりむくんだり、頭が痛くなったりする可能性もあります。

 

東洋医学的には、

気・血・水(き・けつ・すい)と3つの要素で

状態を表したりしますが、

水の要素が多くなると、

めまい、立ちくらみ、頭重感、悪心、下痢などの

症状としてあらわれることががあります。

 

日常生活では、

気温や湿度の変化に応じて、

うまく室温の調節をしたり、

お風呂でゆっくり温まったりなども良いと思います。

また、漢方薬には、これらの症状に応じたおくすりがあります。症

状に応じて保険診療にて処方いたします。

 

 

体調管理して快適に過ごしたいですね。

一度ご相談くださいませ。