ノンケミカルな日焼け止め

2018/5/23

ノンケミカルな日焼け止め

 

 水曜日担当の長谷川です。

 

この季節は

皆さん日焼け止めをお使いのことと思います。

 

日焼け止めには、

有効成分が

紫外線散乱剤紫外線吸収剤

二種類あります。

紫外線吸収剤の入っていないものを

ノンケミカルと呼ぶことになっているようです。

厳密なノンケミカル(化学物質が入っていない)

とは少し違いますが。

 

紫外線吸収剤は紫外線と化学反応をするため、

お肌に刺激になりやすいことが挙げられています。

ハワイではサンゴを守るために

ケミカルのUVケアの使用を禁止することになったとか。

 

ただ、ノンケミカルのUVケアは、

主に紫外線散乱剤というものが入っており、

伸びにくかったり、白浮きしやすかったり、

汗で取れやすかったりということもあります。

また、日焼け止め効果を占めすSPF2030くらいのものが多いです。

日常生活では、SPF2030できちんと使用すれば良いと思います。

 

その日の紫外線量や紫外線にあたる時間、

などに応じて使い分けが良いかもしれません。

 

そんな

ノンケミカルのUVケアの中でも

おススメは

大阪 心斎橋の美容皮膚科 ヤナガワクリニック

 ヘリオケア360°

 可視光線、赤外線A波、

などから守り

お肌に優しい赤ちゃんにも使えます。

 

  もう一つは

ナビジョンDR TAマイルドプロテクトUV

 

紫外線対策について過去のブログ

紫外線対策は4月から本格的に 1.外から防ぐ

紫外線対策は4月から本格的に 2.内から防ぐ

詳しくはご相談くださいませ。