<目の下のヒアルロン酸注入>

2017/12/28

みなさんこんにちは、手術担当の木幡です。

 

今日は手術…ではなく、ヒアルロン酸注射についてのご案内です。ていうか私が自分自身にやってみた内容のご紹介です(笑)

 

ヒアルロン酸注射は、以前はシワに沿っていれたり、顔が年齢と共に痩せてきた時にそれを補うように入れて…、というようなやり方が一般的でしたが、最近では年齢と共に顔面の骨が後退し(これを骨吸収と言います)これによって顔が痩せたように見えたり、顔の輪郭がゴツゴツしてきたりしたような場合にも注入されるようになってきました。若い時の丸みが失われてくる、というのも老けのサインの一つですからね。

 

私も最近、目の下の凹みが目立ってきて、目の下のクマが酷くなってきたように見え始めていたので、ヒアルロン酸を入れることを画策しておりました。そしてついに…実行。

 

まずは刺入点を決め、保冷剤でよく冷やします。30秒ほど置いたところで注射針をブッ刺します。これで開けた穴に今度はマイクロカニューレと呼ばれる、針先が丸く加工してある注入用の器具を取り付けたヒアルロン酸入り注射器を挿入していき、チュ~と注入。

 

針刺しの時と、開いた穴にマイクロカニューレを通す瞬間はちょっと痛いですが、カニューレを中に通している際の痛みは全くありません!これは結構意外でした。ヒアルロン酸を入れている最中はなんとな~く重たい圧迫感はありますが、痛みはありません。最近のヒアルロン酸は局所麻酔剤が混入されているおかげであまり痛みはないのでしょうか。

 

注入の結果が下の写真の通りです。

 

 

自分で鏡を見ながらやったせいもあって、向かって左側の方は上手く出来たのですが、右側の方はもうちょっと…というところです(笑。右利きにとって左頬は逆手になりますからね) まあでも大きな凹みが取れたのでとりあえずは目的達成♪

 

このように、結構簡単に改善することが出来るような場合もありますので、同じような悩みをお持ちの方は是非ご相談ください。もちろん、手術的にしっかり治すことも出来ますので、そちらもご案内させていただくことも可能です。当院の院長、ヤナガワ先生はヒアルロン酸注入の第一人者でもいらっしゃいますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 

来年の1月は

 

29日

 

が手術日となります。今年も皆さまにはたくさんお世話になりました。この場を借りて厚く御礼申し上げます m(__)m

 

来年もまた、御贔屓くださいますよう、よろしくお願い致します。どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。