遅延型フードアレルギーっていわゆる食べ物のアレルギーとはちがうの?

2017/11/20

 

遅延型フードアレルギーっていわゆる食べ物のアレルギーとはちがうの?

 

水曜日担当の長谷川です。

 

先日の院長のコラムに掲載された

フードアレルギーについて

 

子供のころから卵アレルギーで苦労したって言う方おられます。

しかし最近大人になってから

アレルギーが発症する方が増えてきているように思います。

 

アレルギー反応は、体の抗体が反応することでおこるので、

年齢とともに確率があがってくるかもしれません。

 

食べてすぐに反応が出るものが即時型アレルギーといわれ、

IgEという抗体が反応して起こります。

生命の危険のあるアナフィラキシーはこれによって起こります。

 

それ以外にも、

食べてから数時間から数日かけて反応がでる

遅延型アレルギーというのがあります。

これは,IgGやIgAという抗体が反応していると言われています。

 

同じ食べ物でも、抗体によっては反応するとは限らないようです。

つまり、エビのアレルギーがあるという自覚症状があり、

検査をするとIgEの反応が出ているけれども、

IgGは反応が出ていない。

逆に、小麦のアレルギーはIgEでは出ていないが、

IgGで反応が出ているといったことがあります。

 

私自身は、

2年前、急に蕁麻疹(じんましん)が

腕や脚に毎晩でるようになりました。

 

抗アレルギー薬をいろいろな種類飲んでいましたが、

改善することなく、

なにが原因かわからず、

毎晩寝ていても痒くて痒くてという日々。

 

保険診療でできるアレルギー検査では

ほとんど出なかったので、

何が原因かわからなかったのです。

 

その半年後にIgGやIgAの検査をしてみました。

それで反応があった食べ物をやめたら、

蕁麻疹(じんましん)がでなくなりました。

 

お気軽にご相談くださいませ。 

最後までお読み下さりありがとうございます。

 

過去の関連記事

1 痩せるために何からはじめますか?

2 サプリメントは体質に合わせて選んでますか?

3 遺伝子検査から選ぶ体質にあったサプリメントとは?

4 肥満遺伝子のことについてもう少し詳しく

5 体重が減っても気になる二の腕どおしましょう

6 腸内環境と肥満って関係があるの?

7 食欲のコントロールがむつかしい、仕事上食べないわけにはいかない、、、